手形割引は金融機関で

手形割引について解説


トップ » 手形割引について解説
Tokyo2020Countdown

もっと情報一覧

手形割引の方法とメリット

手形割引は、満期を迎える前の手形を金融機関等や業者等に依頼して換金する際に、受取利息や手数料を差し引いた金額で入金させることです。満期までの期間が長い手形は、現金にかえるまでに時間がかかります。もらえるはずの利息が少なくなることで、躊躇するかもしれませんが、手許にすぐ使えるお金を用意できるので、企業の資金調達力も上がります。また、突発的な出費があったとしても、すぐに対処することが可能になります。手形割引をして換金する場合は、信頼できる金融機関を選ぶことが重要です。

ファクタリングについて

商売をする方にとって、非常に大切なことはその売上金を実際に回収できるかどうかです。企業間の取引は、契約が成立してからその製造に取り掛かることも多く、実際に資金が受け渡されるタイミングもまた、売掛金などの債権として渡される場合が多いのです。ですから、万が一その売掛金が相手先企業の業績悪化などによって回収できなくなってしまった場合のために、ファクタリング会社が存在します。ファクタリング会社とは、その売掛金などの債権を買い取り、回収までを代行してくれる会社です。