会社経営の大変さ

会社を経営するという事


トップ » 会社を経営するという事
Tokyo2020Countdown

もっと情報一覧

経営に関する審査について

世の中でに景気の悪さから、給料が減ったり、長時間の労働で疲れている人が多いです。そこで、自分で会社を興したいと考える人も大変多くいます。会社を経営するときには、様々な審査があります。審査に通ることによって、企業としてやっていくことができます。起業することは大変なことだとおもわれがちですが、会社をつくることは、その気になればだれでもできます。しかしながら、黒字で会社経営を続けていくことはさらに難しいことでもあります。そして、損失を出さずに続けるだけではなく、確実に売り上げを向上させて、しっかりとした基盤をつくっていきたいものです。

公共工事の審査について

経営事項審査とは、国や地方公共団体が発注する公共工事を請け負う場合に必ず受けなければならないものです。公共工事の発注機関(国、地方公共団体)は競争入札に参加しようとする建設業者の資格条件を判断することとされています。発注機関は、欠格要件に該当しないかを判断し、「客観的事項」と「発注者別評価」の結果を点数にして順位・格付けが行われます。この中で「客観的事項」にあたるものが「経営事項審査」となります。また、この結果は公表されます。閲覧方法は、窓口である国土交通省各地方整備局建政部建設産業課等や、インターネットで見ることができます。