コンビニ経営の戦略

コンビニ経営の凄いところ


トップ » コンビニ経営の凄いところ
Tokyo2020Countdown

もっと情報一覧

コンビニの経営の仕組み

コンビニで経営していく際には、商売であるので、利益を出す戦略を立てながら運営をしていかなければならない事です。まずは、お店を畝いする時はお店の所有者だけでは運営する事は難しいので、従業員を雇うお金を売り上げから調達しなければならないです。お店に商品を出す前に商品の仕入に関して、売却の額よりもできるだけ仕入額を低く抑える仕入の調達をします。商品の質が高い商品を店頭に並べる必要があります。そして、お客様を従業員が低姿勢で接客する事です。最近の新しい経営戦略としては、スーパーマーケットに対抗するために新鮮な野菜も店頭に並ぶようになった事です。

コンビニは究極の効率化

街のいたるところに設置されているコンビニですが、その経営は最初からうまくいっていたわけではありません。今日に至るまでには数多くの試行錯誤が繰り返されてきました。いわば効率化運営への試行錯誤です。それはコンビニの実際の現場から生まれたものがほとんどです。単にPOSシステムなどの情報化投資が生み出した効率化ではないわけです。配送や売れ筋商品などの陳列など細かく決まったノウハウが結集されているのが、あの店舗になっています。そこには一切の無駄がありません。効率化経営を追い求め続けた結果、便利さをわれわれに提供することとなったのです。